シャンプー開発のこだわり

  • >
  • シャンプー開発のこだわり

「洗浄成分」こそが、シャンプーのすべてです。ここを間違えると、抜け毛・薄毛の原因に!

泡立ちが良いシャンプーは、頭皮の汚れはとれるが実は…

一般のシャンプーには界面活性剤という泡立ちをよくするための成分が入っており、この界面活性剤に「石油を原料とした合成界面活性剤」を使っているのが多くみられます。
この合成界面活性剤は、頭皮や髪の毛にとって「たんぱく質を壊す」という作用が高いとも言われています。髪の毛は、もともと「たんぱく質」でできています。つまり、これら「合成界面活性剤」が入っている一般のシャンプーで毎日洗うことで、髪の毛を傷つけてしまう可能性があります。

研究開発室室長「冨永美寿実」※商品開発提携会社 株式会社ピュール

今お使いのシャンプーの「裏面」を確認してみてください こういった成分を配合しているシャンプーはお勧めできません

シャンプーには、薬事法に従って全成分が表示されています。成分中に「~硫酸」「~スルホン酸」等の名前がつくものは、頭皮に負担をかけやすい「脱脂力」「タンパク質変性作用」が強いために特に要注意です。(ラウレス硫酸 Na、ラウリル硫酸 Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸 Na 等)お手元のシャンプーを一度確かめてみてください。

ラウレス4カルボン酸Naは、高級アルコール系の界面活性剤でありますが、原料となる高級アルコールは【植物由来】のものと【石油由来】のものと2種類ございます。
INZEALシャンプーに使用しているものは【植物由来】となりますので石油系界面活性剤ではございません。
もし、上記のような成分が入ったシャンプーをお使いの場合はすぐに「INZEALシャンプー」に替えていただくことをオススメします。

INZEALシャンプーは最良質のアミノ酸系洗浄成分を使用

一切、石油系合成界面活性剤も使用しておりません。健全な頭皮環境を整えるため良質な洗浄成分である「アミノ酸系」を中心に、自然派成分にこだわりました。

当たり前ですが、シリコーンも一切使用しておりません。

ご存知ではないかもしれませんが、シリコーンは髪の表面をコーティングするだけで、髪に浸透して保湿したりダメージを補修する効果は全くありません。しかも、吸着力がとても強いため髪から剥がれる際にキューティクルを一緒に剥がしてしまうことがあるという点が最大の問題となります。
これも要注意です。

アミノ酸系シャンプーは、髪のダメージ部分に吸着して浸透し、保湿する働きがあるという大きな特徴があり、洗浄成分それ自体にトリートメント効果が期待できるのですが、そんなアミノ酸系シャンプーにも欠点があります。それは、泡立ちが悪いということ。市販のシャンプーをずっと使われてきた方にとっては、使い始めの頃は「もの足りない」印象を受けるかもしれません。
ですが、INZEALシャンプーでは幾度の試作を経て、アミノ酸系シャンプーでありながら、非常にキメの細かい「モコモコ泡」で頭皮を優しく洗うことができます。

ご安心ください。
アミノ酸系シャンプーの適度な洗浄力は、必要以上に皮脂を洗い落とすことがなく、頭皮の皮脂膜は守ってくれながら汚れを充分に落とすことができます。

植物性由来の「擬似キューティクル」で、 今残っている髪の毛を健やかに保つ まだ、業界では珍しい話題の新成分「ゼイン」を配合

「INZEALシャンプー」には、新しい注目成分「ゼイン」を配合しています。
最近では、大手メーカーの化粧品などにも使用され始めてきた注目成分であり、トウモロコシから抽出された「非水溶性」タンパク質です。口に入れるサプリメントなどの錠剤のコーティング剤としても使用されており、酸化しやすい油脂の錠剤内の成分を湿気から守るなどの機能性が報告されています。硬い被膜を形成するチカラと、酸化を抑制するチカラが注目されており、タンパク質である毛髪との相性もよく、毛髪にツヤやハリを与え、キューティクルを保護する結果も出ています。

注目される。6つの特徴!

1.髪のボリューム感アップ効果!

毛髪のハリは、老化やパーマ、カラーなど外部からのダメージにより次第に低下していきます。髪のハリの低下は、毛髪のボリューム感の低下やヘアスタイルのセット性の低下につながります。

毛髪のハリに対する作用を検討したところ、ゼイン液は、毛髪セット剤に汎用されるポリビニルピロリドン(PVP)よりもねじりに対して反発する力が強く、ハリのある髪に導くことがわかりました。

2.キューティクルの保護!

キューティクルの整った健康な髪の表面は、疎水性で水をはじく性質を持っています。
紫外線や洗髪、パーマ、カラーなどのダメージにより、キューティクルに乱れが生じると髪の表面の疎水性の性質が次第に失われ、水になじみやすくなる親水性の性質を持つようになります。表面が親水性となった髪は内部の水分やタンパク質が流出しやすい状態となり、髪の保水力が失われ、ツヤや潤いのない髪となります。

ゼイン液にて処理したダメージ毛は、ブリーチ+紫外線処理のみのコントロールに比べてキューティクルが整っており、また毛髪に乗せた水滴が弾かれている状態が観察されました。

ゼイン液はダメージを受けた毛髪のキューティクルを整え、紫外線より保護し、しっかりした疎水性の被膜をつくると考えられます。

3.光が綺麗に反射し美しいツヤに!

毛髪は紫外線、乾燥、洗髪、ブラッシング、パーマ、カラーなど様々なダメージを受け、次第にその輝きを失っていきます。
また髪のツヤは生理的な老化によっても低下していきます。

市販シャンプーにて洗浄しただけのコントロールの毛髪やPVP処理をしたものでは、光が乱反射し、きれいなツヤがありませんでしたが、ゼイン液処理した毛髪は光がきれいに反射し、美しいツヤが見られました。

ゼインの毛髪ツヤ向上作用

傷ついたキューティクルとゼイン液による補修作用

4.ヘアカラーが長持ち!

ヘアカラーによる毛髪のカラーリングはシャンプーなどにより次第に除かれて退色していきます。染めた髪の色を長続きさせることは、カラーリングを楽しむ人にとって大きな要望となっています。

ゼイン液の毛髪における水溶性色素の残存に対する効果をテストしました。コントロールでは温湯洗浄により毛束から色素がきれいに落ちているのに対し、ゼイン液処理をした毛髪では、温湯洗浄によっても毛髪に色素が残存しカラーを保持していました。

ゼイン液は毛髪への水溶性色素の色持ちを向上させる作用があることがわかりました。これはゼイン液が疎水性タンパク質であるため、毛髪上に疎水性の皮膜を形成し、水溶性物質の水(温湯)による流出を防いだためと考えられます。
よって、ゼイン液はカラーリングした毛髪に処理することにより、色持ちを向上させ、染毛直後の状態を長時間保存する効果が期待されます。

5.すべり感の良い髪へ、くし通りに差が出ます!

ゼイン液はシリコーン処理に匹敵するほどの ダメージ毛のくし通り感を向上する効果が期待されます。

パーマやブリーチ、ブラッシング等によってダメージを受けた毛髪は、滑らかさ(すべり感)が低下し、ゆび通りやくし通りが悪くなります。くし通りが悪くなった毛髪に対し、無理にブラッシングを行うとさらに毛髪(キューティクル)が傷つくという悪循環に陥ります。ダメージ毛を補修し、すべり感を向上させることは、毛髪の更なるダメージを避けるためにも重要です。ゼイン液にて処理した毛束では、ブリーチ処理のみのコントロールに比べブラッシングの際にかかる荷重が低下し、シリコーンと同程度の結果が得られました。ゼイン液にて処理した毛髪では、ブリーチ処理のみのコントロールやPVP処理に比べ平均摩擦係数が低下していました。

ゼイン液はダメージ毛に滑らかな皮膜を形成してすべり感を向上し、ゆび通りやくし通りの良い髪に導く効果が期待されます。

6.雨の日もヘアセットが崩れにくくなります!

夏は高温多湿、雨の日はもっとジトジト、髪が湿気を吸収して広がりやうねりが出やすくなり、ヘアスタイルがきまらないと悩む人が多くみられます。ところがゼインは髪の吸湿を抑える毛髪皮膜成分となり髪のスタイル崩れの防止が期待されます。

ゼイン液の膜の重量変化(吸放湿性)をテストしました。ゼイン液の皮膜は毛髪セット剤として汎用されるPVPに比べ吸湿性は無く、皮膜形成剤として汎用されるポリビニルアルコール(PVA)と同様な低い吸湿性(80%の高温度下において7%の吸湿率)を示しました。

ゼイン液の皮膜は高温度下においても吸湿性が低く、多湿な日本や近隣のアジア諸国において、髪の吸湿を抑え、髪の広がりやうねりによるスタイリングの崩れを防ぐ効果が期待されます。

毎日のシャンプーを、リラックスタイムへかえる!

お風呂は、一日の締めくくり。仕事や家事で、今日も大忙しだった方。INZEALシャンプーには「ベルガモットの精油」が配合されています。
ベルガモットには、イライラしたり、高ぶったりしている気持ちを落ちつかせてくれる。リフレッシュしてくれるアロマ効果が期待されます。毎日のシャンプータイムで、ストレスもスッキリ。頭皮や髪の毛だけでなく、心までケアしてくれる。

洗い方

育毛剤の効果を引き出すには頭皮を優しく洗うこと TRUMP INZEALシャンプー300ml 商品購入はこちら

※1 AM10時までのご注文は、 当日発送いたします。日曜日・祝日はAM9時までのご注文となります。